私が色育を広めたいと思った理由~色育に出会ったきっかけ~

 私が色育に出会ったのは、三人目を出産した後でした。

 

 上の子たちが通う園の親子サークルで、「色遊び」というテーマで参加し、体験したのが色育でした。


色育の絵本を見て「どの色が気になりますか~?」と先生に聞かれ、「紫」と答えた私。


「ちょっと疲れてるかな~?」の先生の一言に「あたってる!!」と思ったのがきっかけでした。



そのころ私は、3人の子育てに疲れ果てていました。。。

子どもたち3人の声が10人から話しかけられているような感覚。。。

つらい。。というか無気力状態。。どうしていいかわからなくて旦那にあたってたな。。


そして旦那に言われた

「目の前の川で溺れた人がいたとして、怒った口調で助けろ!!と言われても助けようとは思えない。心からたすけてーって言われると助けたいなって思う」


って言葉にハッとする!


この状況からどうにか脱出したい!!!


当時保育士をしていた私は、

たくさんの子どもたちを見てきた中で、かかわりの難しかった子や、1つの色だけをこだわって塗る子の心理について考えていたことがあり、色は何かヒントになるのではないかと思い、色育を学んでみたいとすぐに思ったのでした。


そして、インストラクターのもとへ。。。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

私が色育を広めたいと思った理由~色育を学び始めたら~

色育を親子サークルで体験してから、色育を学んでみたいと思いました!それは、もともと心理学に興味があったのと、身近な色から心理がわかるなんておもしろいな。。と思ったからです。 まず最初に受講したのは、「色の意味と傾聴入門講座」 私の好きな黄色だー!!へえ~こんな意味があるんだぁ。。私の周りにもこんな感じの人いるかも! 私、紫も結構好きなんだよね~でも意外!! そして、グレーの意味の時に気づいたことが

© 2023 by Art School. Proudly created with Wix.com

  • c-facebook