☆夏休み色育チャレンジ☆

今年の夏休みは短いけど、親子で思い出を作りたい!!ということで、カラーダイアリー1冊(8日分)を親子で塗るというチャレンジをしてみました♪


夏休みチャレンジをしてわかったこと!

その日の想いを色育をしながら聴いてあげることで、親子の絆が深まりました❤


大きくなってくると、友だちと遊ぶ約束をしたりして自分のペースで夏休みを楽しむことが増えてくるけど、心は繋がってる感覚がありましたよ。信頼関係って大事!!


娘も、自分の想いを聴いてもらえて嬉しかったようです♪


✐娘とのダイアリー紹介📔

夏休み初日は、

自分に頑張ったご褒美なのか金メダルを描いてました☆自然と頑張ったね!!ってほめてあげたくなりました❤


私が仕事の日はどこかさみしいのか、青色で、普通の日。って言ってました。


大切に育てていたカブトムシが死んでしまったときは、大泣きし、ぎゅっとくんが見えなくなるほど真っ黒に!!


何かしたいと思っていたり、楽しい予定がある時は明るい色になりました♪


カラーダイアリーと一緒に、ほぼ毎日カラーカードを選んでいましたが、短い時間で簡単に今日のこと、今の気持ちを話せるのでこちらもおすすめです。

忙しいママのためのコミュニケーションツールとして大活躍です!




34回の閲覧

最新記事

すべて表示

私が色育を広めたいと思った理由~色育を学び始めたら~

色育を親子サークルで体験してから、色育を学んでみたいと思いました!それは、もともと心理学に興味があったのと、身近な色から心理がわかるなんておもしろいな。。と思ったからです。 まず最初に受講したのは、「色の意味と傾聴入門講座」 私の好きな黄色だー!!へえ~こんな意味があるんだぁ。。私の周りにもこんな感じの人いるかも! 私、紫も結構好きなんだよね~でも意外!! そして、グレーの意味の時に気づいたことが

私が色育を広めたいと思った理由~色育に出会ったきっかけ~

私が色育に出会ったのは、三人目を出産した後でした。 上の子たちが通う園の親子サークルで、「色遊び」というテーマで参加し、体験したのが色育でした。 色育の絵本を見て「どの色が気になりますか~?」と先生に聞かれ、「紫」と答えた私。 「ちょっと疲れてるかな~?」の先生の一言に「あたってる!!」と思ったのがきっかけでした。 そのころ私は、3人の子育てに疲れ果てていました。。。 子どもたち3人の声が10人か

© 2023 by Art School. Proudly created with Wix.com

  • c-facebook
P5980469